痛くない大腸内視鏡検査ができるクリニックガイド【東京版】

健康診断で便潜血陽性と言われたら…!内視鏡検査の評判が良い東京のクリニックリスト

HOME » 【名医の条件シリーズ】大腸内視鏡検査編

【名医の条件シリーズ】大腸内視鏡検査編

痛みへの配慮、専門技師の在籍、先端技術の有無…内視鏡検査を受ける人のために、名医の条件となる項目をひとつずつ紹介しています。

大腸内視鏡検査の名医を見分ける条件とは

大腸内視鏡検査の名医を見分ける条件とは内視鏡検査の名医を見つけるコツは、大きく分けてズバリ3つ。

それは、1つに「先端技術を使用しているか」、2つに「痛みを感じにくい検査方法を採用しているか」、3つに「内視鏡検査専門の技師が在籍しているか」ということ。

内視鏡検査を受けられる前にはこちらのカテゴリを一読されて、ぜひ内視鏡検査の名医を見極める方法をマスターしてくださいね。

ハイビジョン内視鏡などの先端機器かを調べよう

まず1つ目に重要なのが、「先端技術を使用しているか」ということ。昔は「大腸の内視鏡検査はものすごく痛い」「気分が悪くてもう二度と受けたくない」「痛みがきつくて検査がつらくて病気になってしまいそうだったよ」などという噂も耳にしたことがあります。

しかし、それもかつてのこと。最先端の技術を取り入れて、最新機器で内視鏡検査を行ってくれるところは大分痛みがなく楽に検査をしてくれます。具体的には、大腸がんの早期発見につながる「ハイビジョン内視鏡」や「NBIシステム」を使っていることがベスト。

このほか、さざまざな方法や超最新の機器についても、調べてまとめています。また、これらの機器を使っている東京のおすすめクリニックもピックアップしているので、参考にしてみてください。

検査方法や内視鏡専門の医師がいるかもチェック

それから、「痛みを感じにくい検査方法を採用しているか」ということ。こちらのページでは、「プッシュ法」や「軸保持短縮法」などさまざまな内視鏡検査の方法について解説しています。

患者に痛みを与えない「軸保持短縮法」を採用しているかなど、苦痛を与えないための配慮や技術力があるかということも名医を見つける大きなチェックポイントです。

また、内視鏡の挿入時に注入する気体として空気か炭酸ガスを使っているかということも一つのポイントです。

内視鏡検査専門の技師が在籍しているか

きちんとした内視鏡検査の診断を受けるためには「日本消化器内視鏡学会指導医に認定された内視鏡技師がいる」などのチェック項目があります。

信頼のおける先生に診てもらうためにも、これらの詳細をまとめているので名医を見つける条件シリーズ、内視鏡検査を受けられる前にぜひチェックしていただくことをおすすめします。