痛くない大腸内視鏡検査ができるクリニックガイド【東京版】

健康診断で便潜血陽性と言われたら…!内視鏡検査の評判が良い東京のクリニックリスト

HOME » 健康診断で便潜血陽性と言われたら見る2つのこと » 精密検査はどこに行けばよい?

精密検査はどこに行けばよい?

便潜血陽性と出た場合に行うべき精密検査・内視鏡検査についてご紹介。厚労省の大腸がん検診ガイドラインでも最も望ましいと推薦されています。

便潜血の再検査(精密検査)はどこが良い?

小さな病気から大きな病気までを発見できるキッカケとなる便潜血検査ですが、その問題点はいくつかあります。

便潜血検査は、おもに大腸がんの検診として公費の補助で行われている検査。便を専用の容器に少しつけて提出することで、便のなかに血液が混ざっていないかを調べてもらえるというもの。

かつては化学反応で検出していたので感度が悪く、動物や魚の血液にも反応するため食事制限が必要だった時代もあるそうです。

現在はこれらの弱点を克服して画期的な大腸ガンスクリーニング法ともいわれたそうなのですが、やはり問題点は残されています。例えば…

  • 出血していて便に混ざって出てくる病気しかわからない
  • がんなどの場合、ある程度大きくなってからでないと陽性にならない
    (早期がんの場合や平坦ながんの場合は、出血しないケースも多く見逃されやすいのだそうです)
  • 痔などの治療の必要性がない病気でも陽性になってしまう
    (治療の必要がない程度の痔の患者さんはかなりの頻度でいるのだそうです)

厚生省が推奨している内視鏡検査

大腸の専門病院は、再検査としての便潜血検査を勧めることはほとんどないそうです。

専門医の見解によると、本来は大腸の病気が気にかかっている人は、便検査ではなくて最初から精密検査をするべきなのだそうです。そして、専門医なら間違いなく、便潜血陽性の場合の再検査には内視鏡検査がおすすめとのこと。

当然のことながら、便潜血が陽性となった方に、再検査で便潜血検査をするのは無意味な話。すみやかに内視鏡検査で精密検査を行うことが必要です。

便潜血が陽性になったからといって、痔でも陽性になる確率は多いので直ちに悪い病気を心配する必要はありません(たとえ大腸癌であったとしても、状態によって出血したりしなかったりするのだそうですよ)。ですから、正確な精密検査は、厚生省のガイドラインでもおすすめとされている内視鏡検査を選択しましょう。

厚生省のガイドラインでは内視鏡が最も望ましいが次善の策として、内視鏡・レントゲン併用もよい。しかしレントゲン検査のみは好ましくないとなっています。

レントゲン検査よりも内視鏡検査が望ましいとされている理由は、何なのでしょう。レントゲン検査は大腸癌が最も発生しやすいのはS字結腸という部分。

レントゲン検査では、この部分は腸が重なっているため死角になってしまいます。また、レントゲンは大きな病院であればたいてい準備がありますが、生殖細胞がかなり被爆することも問題点といえます。

このため、厚生省でも内視鏡検査を最も正確に診断できる最良の検査として推奨しているのです。

技術力が高い医師による内視鏡検査が大事

内視鏡検査を受ける際に大事なのは、医師の技術や使用している機器。内視鏡検査は、医師の技術が未熟な場合、苦痛や危険もともなう傾向にあるからです。

大腸がんが増えてきたのは比較的最近のことなので、大腸の内視鏡検査の経験が多い医師がまだ多くないという背景があります。このため、大腸内視鏡の専門医で受けられることが絶対お勧めなのです。

多数の経験を積んだ専門医に検査をしてもらえば、大腸内視鏡はまったく苦しいものではありません。体内に機械が入っているような異物感も無いまま、少しくすぐったい程度の感覚で検査が終了します。

安全でかつ正確な診断結果を得たいのであれば、技術力が高く症例数が多い専門のクリニックを探されることを心からお勧めします。